雑貨力読者ページ, 未読の方への一部公開ページ, 店舗運営, 商品

学校やカルチャーセンター他の“学ぶ”ための機関で開催されることが多かった“ワークショップ:Workshop”だが、最近は多くのカフェ、ギャラリー、小売店などの業種の垣根を超えた様々な場所(機会)で行われている。

中でも雑貨店が主催するワークショップは、大きな可能性を秘めている。雑貨屋さんの店頭でワークショップを行うことのメリットとは。

ワークショップ(WORKSHOP ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営, 商品

前編はこちら

お客様とのコミュニケーション

お客様と小売店は、本来商品の売買という、シンプルな関係が基本だが、ワークショップに参加してもらうことにより、お客様との関係がより近くなる。

申込の際にお名前や住所を伺う。講座時に簡単な自己紹介をしてもらう。できあがった作品に関しての感想を伝えるなどの、少し密なコミュニケーションは、お客様のストアロイヤリティー(店舗愛顧度)を高 ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営, 商品

ファストファッションから

ご存知のようにファッションの世界では、ファストファッションが話題だ。ファストファッション店とは、いち早くトレンドを取り入れた商品を安価に販売するSPA(製造小売業)型のショップのことを中心に指し、食品のファストフードになぞらえファストファッションと呼ぶのだそう。この11月に新宿に大型店を出店する予定のH&Mをはじめ、ZARA、GAP、FOREVER21(同店は ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営, 商品

学生のアイディアはいかに

「若い人のフレッシュな感性やアイディアから刺激を」。いささか聞き飽きたフレーズであるが、自由闊達な発想は曇りのない眼差しで時代を捉えることができる学生(若い人)だからこそ。

良くも悪くも様々な経験を積んでしまった“社会人”からは生まれにくいかもしれない。たっぷりと時間をかけ、ひたむきに作品(企画、デザイン立案)づくりに打ち込む事ができるのも学生の特権だろう ...

雑貨力読者ページ, お知らせ

読者だけが読める。番外原稿

 今月は以下のページを更新いたしました。

雑貨屋さんのユニークな仕掛け 月刊ギフト誌2008年12月号掲載 言うまでもないことだが、商品づくりや店づくり同様に、いやそれ以上にその商品やショップのアピール、プロモーションは大切なもの。 どんなに素晴らしい商品づくり(開発、セレクト)、店づくりを行っていても、お客様(ターゲット)に、その意図や良さが効果的に伝 ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営, 商品

雑貨屋さんのユニークな仕掛け

言うまでもないことだが、商品づくりや店づくり同様に、いやそれ以上にその商品やショップのアピール、プロモーションは大切なもの。

どんなに素晴らしい商品づくり(開発、セレクト)、店づくりを行っていても、お客様(ターゲット)に、その意図や良さが効果的に伝わらなければ意味がない。

販路や販売促進、広告宣伝の展開方法の不適切。ディスプレイ方法、プレス ...

雑貨力読者ページ, 商品

なくてはならない「商品」分野

手作り雑貨作品は、雑貨小売業では「商品」ジャンルとして定着している。一部の雑貨ショップでは、すでにとびきりの差別化商品として、なくてはならないものと言えそうだ。

過去の本誌の連載「ZAKKA AtoZ/雑貨ショップの処方箋」99年5月号にて、手作り雑貨の作家である「雑貨アーティスト」をテーマに、作家の定義づけ、その作品づくりの目的や活動内容、小売店が作 ...

雑貨力読者ページ, 商品

ロハス、エコバッグ、異国のスタイル、クリエーター、レトロ……

「歌は世につれ世は歌につれ」。ご存じ世の中の変化に応じて歌も変化し、歌の変化によって世の中も影響を受けるとの名言であるが、雑貨やギフトにもそのまま当てはまる。

雑貨やギフト商品は、どれもがその時代を表す情報性の高いものであり、それら商品(群)の存在が世の中に与える影響も決して小さなものではないはずだ。

ロハス ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営

社会貢献活動は知的な企業の条件。雑貨ビジネスでも

ご承知のように、大手、有名企業は、ほぼ全てが何かしらの環境保護、国際協力、文化芸術支援などをテーマとした積極的な社会貢献活動を行っている。

社会貢献(環境保護、国際協力、メセナなど)は現代の知的な企業の必須条件、と言えそうだ。

毎日の生活の中でも、それらの様々なニュースに触れる機会が数多くあり、社会貢献を意識せざるを得な ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営

 貴社(貴店)は、webサイト(インターネットホームページ)を開設しているだろうか?

日本の企業のホームページ開設率は87.2% (06年末データ。平成18年通信利用動向調査/総務省より)。

「Webサイトを開設していて当たり前の時代」の到来。

その目的(商品や実店舗紹介、ネット販売の可否、ブログの有無)や効果、情報のボリューム、コストの高低を特に限定しなければ、なにか ...