雑貨力読者ページ, 業界, 商品

  「当館は出版美術(挿絵、イラストなど)の美術館。隣接の竹久夢二美術館の竹久夢二をはじめ、松本かづち、内藤ルネ、水森亜土グッズなど日本にはイラストレーターの名前がついたグッズの歴史があり、その系譜に連なるのが原田さんのオサムグッズと考えてます」(同) 竹久夢二の港屋絵草紙店(1914年)が、日本のイラストグッズ(キャラクター・デザイン商品)の発祥と考えている筆者にとっても同感だ。 “あ ...

雑貨力読者ページ, 未読の方への一部公開ページ, 商品

オサムグッズの原田治展 プレミアムギフト誌2016年9月号掲載 80-90年代に一世を風靡した「オサムグッズ」の企画展「オサムグッズの原田治展/Osamu Goods® The 40th Anniversary」が弥生美術館(東京都文京区)で2016年9月25日まで開催されている。 今年は、オサムグッズ誕生40周年。日本一のオサムグッズ・コレクターである土井章史氏(トムズボックス主宰)秘蔵のコレク ...

雑貨力読者ページ, 未読の方への一部公開ページ, 店舗運営, 商品

前回(98)のショップデザインに続き、今回はディスプレイ=商品陳列の基本とポイントを考えたい。まずは、現状の店頭、店内の陳列を再確認する。 店内の商品陳列のチェックポイン卜 わかっているけど、なかなかできない。日々の作業に追われて見落としがち……。そんなディスプレイとPOPの細かいけれど(だからこそ)大切な事柄を取り上げる。「えっ、そんなところまで?」と思うような細かなことの積み重ねが、お客様から ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営, 商品

前編はこちら POPのはがし忘れ、テープや画びょう、テグス、ピンなどの取り残しにも注意。 ■段ボール 納品されたときに入っていた段ボールが店頭で見えていないか。カウンターや什器の下に隠したつもりでも、隠しきれていないかもしれない。配送品が店頭に放置されている場面も多々。それに貼り付けられた送り状はお客様の個人情報。どこかに移動することが無理でも、大きな布や紙などで覆って見えないようにしたい。 ■掃 ...

未読の方への一部公開ページ, 店舗運営

身近なイメージの店舗(麻雀店や居酒屋、書店など)でのいたましい火災・事故が相次いでいる。 いずれもどこの街にでもある、いつ自分が被害者(客)になっていてもおかしくない店舗。ささやかな楽しみを目的に来店する人が中心であり、その凄惨な被害とのギャップが悲しみを更に際立たせる。 物販店に比較すると、来店客が長い時間利用する(留まる)飲食店やサービス店の災害が目立つが、不特定多数のお客様が利用する店舗施設 ...

雑貨力読者ページ, 未読の方への一部公開ページ, 店舗運営, 商品

学校やカルチャーセンター他の“学ぶ”ための機関で開催されることが多かった“ワークショップ:Workshop”だが、最近は多くのカフェ、ギャラリー、小売店などの業種の垣根を超えた様々な場所(機会)で行われている。 中でも雑貨店が主催するワークショップは、大きな可能性を秘めている。雑貨屋さんの店頭でワークショップを行うことのメリットとは。 ワークショップ(WORKSHOP)とは 元来「作業場」や「工房 ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営, 商品

前編はこちら お客様とのコミュニケーション お客様と小売店は、本来商品の売買という、シンプルな関係が基本だが、ワークショップに参加してもらうことにより、お客様との関係がより近くなる。 申込の際にお名前や住所を伺う。講座時に簡単な自己紹介をしてもらう。できあがった作品に関しての感想を伝えるなどの、少し密なコミュニケーションは、お客様のストアロイヤリティー(店舗愛顧度)を高める貴重な一歩になるだろう。 ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営, 商品

ファストファッションから ご存知のようにファッションの世界では、ファストファッションが話題だ。ファストファッション店とは、いち早くトレンドを取り入れた商品を安価に販売するSPA(製造小売業)型のショップのことを中心に指し、食品のファストフードになぞらえファストファッションと呼ぶのだそう。この11月に新宿に大型店を出店する予定のH&Mをはじめ、ZARA、GAP、FOREVER21(同店は非S ...

雑貨力読者ページ, 店舗運営, 商品

学生のアイディアはいかに 「若い人のフレッシュな感性やアイディアから刺激を」。いささか聞き飽きたフレーズであるが、自由闊達な発想は曇りのない眼差しで時代を捉えることができる学生(若い人)だからこそ。 良くも悪くも様々な経験を積んでしまった“社会人”からは生まれにくいかもしれない。たっぷりと時間をかけ、ひたむきに作品(企画、デザイン立案)づくりに打ち込む事ができるのも学生の特権だろう。 今回は、20 ...

雑貨力読者ページ, お知らせ

読者だけが読める。番外原稿  今月は以下のページを更新いたしました。 雑貨屋さんのユニークな仕掛け 月刊ギフト誌2008年12月号掲載 言うまでもないことだが、商品づくりや店づくり同様に、いやそれ以上にその商品やショップのアピール、プロモーションは大切なもの。 どんなに素晴らしい商品づくり(開発、セレクト)、店づくりを行っていても、お客様(ターゲット)に、その意図や良さが効果的に伝わらなければ意味 ...